矯正歯科の費用はいくら

歯科の治療費の仕組み

歯科で実際かかる金額

一般的に歯科医院での矯正治療は保険が適用されないため、自費治療もしくは自由診療となり治療費の全額を自己負担しなければなりません。こういった自由診療と呼ばれるものは医療機関側は治療する費用を自由に決めることができ、診療内容も自由に決めることができるのが特徴です。歯科医院で保険が適用可能な矯正治療は、先天的な咬合機能の回復や外科的な治療が必要な顎変形症に該当するケースなどが考えられます。矯正するのに実際にどのくらいの費用がかかるかは、自由診療のため治療方法によって異なってきます。例えば上下とも表側から見える装置を使って歯科医院で治療した場合、トータルの費用は大体100万円前後が相場になっています。1年間に家族や自分自身が10万円以上医療費を使った場合、確定申告で所得税が軽減される医療費控除を受けることができます。歯科医院での矯正治療の場合見た目を良くするなどの美容目的ならば医療費控除の対象にはなりませんが、目的などを鑑みて治療が必要であったと認められれば対象になります。美容のためではないと判断するために医師の診断書が必要で、医療費控除の対象になるかどうかわからない場合は担当医に問い合わせることができます。

↑PAGE TOP

Menu